第2回 世界獣医師会 世界医師会“One Health”に関する国際会議 〜“One Health”概念から実践へ〜

プログラム

プログラム

第1日目 11月10日(木) 第1日目 11月11日(金)

第1日目 11月10日(木)

8:00- 9:00
登録
9:00 -10:00
開会式
開会挨拶
  • ・René Carlson
    ・Xavier Deau
    ・横倉 義武
    ・藏内 勇夫
    ・釘田 博文
  • 世界獣医師会長
    世界医師会元会長
    日本医師会長
    日本獣医師会長
    FAO/OIE/WHO 代表者
お言葉
秋篠宮殿下
来賓挨拶
・厚生労働省
・農林水産省
・福岡県知事
・北九州市長
(司会:Zeev Noga世界獣医師会政策担当, 道永麻里日本医師会常任理事)
10:00-10:40
基調講演
  • 座長:横倉 義武
  • 日本医師会長
「分析機器-感染症対策への更なる貢献を目指して-」
  • 講演:田中 耕一
  • 株式会社 島津製作所 シニアフェロー 田中耕一記念質量分析研究所長
10:40-11:00
休憩
11:00-12:00
“One Health”の概念
  • 座長:Otmar Kloiber
  • 世界医師会事務総長
「WVAとWMA‐より健康な世界の構築への可能性-
第1回“One Health”に関する国際会議の成果と提言」(20分)
  • 講演:Xavier Deau
  • 世界医師会前会長
「“One Health”の概念と実践を通じた持続可能な将来に向けての
国連2030世界目標の達成」(40分)
  • 講演:George Lueddeke
  • One Health Commission “One Health”教育特別委員会共同議長
12:00-13:00
昼食
13:00-15:30
人と動物の共通感染症
  • 座長:Katrinka de Balogh
  • FAOアジア太平洋地域事務所上級動物生産衛生担当官
「人と動物の共通感染症の現状」(25分)
  • 講演:倉根 一郎
  • 国立感染症研究所 所長
「“One Health”の研究訓練の世界的傾向」(25分)
  • 講演:Gregory C. Gray
  • デューク大学グローバルヘルス研究所教授
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS):
日本での発見と研究における医学と獣医学の協力」(25分)
  • 講演:高橋 徹
  • 山口県立総合医療センター血液内科診療部長
「アジアにおける狂犬病廃絶の“One Health”アプローチ」(25分)
  • 講演:Sira Abdul Rahman
  • 英連邦獣医師会専務理事
「地域における医師と獣医師の協力(福岡県の事例)」(25分)
  • 講演:草場 治雄
       稲光 毅
  • 福岡県獣医師会会長
    福岡県医師会理事
質疑応答(25分)
15:30-16:00
休憩
16:00-17:30
人と動物の共通感染症 “One Health”の国際協力に関するJICAプロジェクト事例
国際協力機構(JICA)イントロダクション(10分)
「アフリカにおけるウィルス性人獣共通感染症の調査研究」(20分)
  • 講演:Aaron Mweene
  • ザンビア大学獣医学部教授
「オオコウモリを対象とした生態学調査と狂犬病関連及び
その他のウイルス感染症への関与」(20分)
  • 講演:Srihadi Agungpriyono
  • インドネシアボゴール農業大学獣医学部長
「黄熱病及びリフトバレー熱に対する迅速診断法の開発及び
アウトブレイク警戒システムの構築」(20分)
  • 講演:Matilu Mwau
  • ケニア国立保健研究コンソーシアム 所長、ケニア中央医学研究所首席研究員
「薬剤耐性菌発生機構の解明と対策モデルの開発」(20分)
  • 講演:Thinh Hong Son
  • ベトナム国立栄養研究所、栄養情報・教育・広報センター長
17:30-18:30
パネルディスカッション(60分)
19:00-21:30
福岡県・北九州市主催夕食会(ガラディナー)

太宰府天満宮 雅楽演奏

第2日目 11月11日(金)

8:00-10:10
薬剤耐性(AMR)対策
  • 厚生労働省
  • 挨拶:浅沼 一成
    座長:釘田 博文
  • 厚生労働省健康局結核感染症課長
    国際獣疫事務局(OIE)アジア太平洋地域事務所地域代表
「医療におけるAMRの脅威と対策」(25分)
  • 講演:Herman Goossens
  • アントワープ大学附属病院 微生物学研究室長
「AMRに関する地球規模及び国家レベルでの取り組みとしての
グローバル・アクション・プラン」(25分)
  • 講演:Katinka DeBalogh
  • FAOアジア太平洋地域事務所上級動物生産衛生担当官
「医療における適正使用の取組-世界と日本-」(25分)
  • 講演:大曲 貴夫
  • 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター長
「獣医療における慎重使用の取組-世界と日本-」(25分)
  • 講演:田村 豊
  • 酪農学園大学 獣医学群衛生・環境学分野食品衛生学教授
質疑応答(20分)
10:10-10:30
休憩
10:30-12:00
県民公開講座(福岡県セッション)
  • 挨拶:藏内 勇夫
  • 日本獣医師会長
「宇宙から見た地球生命のつながり」(90分)
  • 講演:毛利 衛
  • 宇宙飛行士・日本科学未来館館長
12:00-12:10
休憩
12:10-13:10
“One Health”に関するその他の話題
  • 座長:Xavier Deau
  • 世界医師会前会長
「“One Health”アプローチ:獣医学の貢献を中心に」(25分)
  • 講演:Leander Buchner
  • 国際軍事医学委員会獣医学技術委員会議長
「小児病棟で活躍するセラピー犬たち」(25分)
  • 講演:松藤 凡
    講演:柴内 裕子
  • 聖路加国際病院 副院長、小児総合医療センター長
    赤坂動物病院 総院長
質疑応答(10分)
13:10-14:10
昼食
14:10-16:10
“One Health”の概念
  • 座長:Patricia Turner
  • 世界獣医師会国際学問領域担当理事
「将来の医師、獣医師に対する“One Health”教育:学生の視点から」
(25分)
  • 講演:Malcolm Chong
    講演:棚元 なな
  • 国際獣医学生協会会長
    国際医学生連盟
「我が国における獣医学教育改革の現状と
獣医大学における“One Health”教育について」(25分)
  • 講演:中山 裕之
  • 日本獣医学会理事長
「獣医学カリキュラムへの“One Health”の概念の導入」(25分)
  • 講演:Irfan Erol
  • 前トルコ食糧農業畜産省食品管理局長
「“Health Education”における新しい“One Health”アプローチ」
(25分)
  • 講演:Corália Vicente
  • 世界医学教育連盟
質疑応答(20分)
16:10 –16:30
休憩
総括
  • (司会:Zeev Noga 世界獣医師会政策担当官,酒井健夫 日本獣医師会副会長)
「“One Health”概念から実践へ」(30分)
  • 講演:Noel Lee J. Miranda
  • フィリピン保健省熱帯医学研究所コンサルタント
総括 (30分)
世界獣医師会と世界医師会による結論・勧告及び将来に向けてのイニシアチブ
  • René Carlson
  • 世界獣医師会長
「福岡宣言」の採択と調印 (30分)
世界獣医師会、世界医師会、日本医師会、日本獣医師会
18:00 – 18:15
閉会

関連イベント:

2016動物感謝デー in JAPAN
11月12日(土)10:00~17:00
西日本総合展示場及びあさの汐風公園